醸造家にとって、醸造所から製品を送ったら、完璧なパイントを注いでくれるバーのスタッフに頼ることになる。ビール貯蔵庫の温度やラインの清潔さなど、様々な要素が彼らの手には負えません。しかし、ビールを入れる容器は自分で選ぶことができます。ペタイナーでは、ケグが最高の製品保護を提供できるよう、広範囲に渡るテストを行っています。

私たちは、長距離輸出や長期保管など、実際のさまざまな状況で樽をテストし、BFBiと私たち自身の高い基準を満たす性能を発揮しています。さらに実環境でのテストを追加するために、ペタイナー樽から提供されるビールがどの程度の時間カップリングでき、なおかつ可能な限り美味しく飲めるかを調査したいと考えました。私たちのお客様は、自社の製品についてあらゆる選択肢を検討したいとお考えでしょうから、ペタイナーケグとバッグインケグのソリューションを比較評価しました。ここで明らかな違いは、ペタイナーケグではビールがディスペンス用ガスと接触していることです。

ベルリンにある世界的に有名な醸造学研究所VLBと共同で、当社のケグとバッグインケグを4週間連結して比較するテストを行いました。VLBによると、バーでケグを使用する場合、4週間が限界で、それ以上は回転数の少ないビールなど例外的にしか使用できないとのことでした。この場合、20Lの樽で1週間に9パイントが提供される計算になります。

テストは、エールとホッピーラガーの2種類のビールスタイルで構築されました。それぞれの樽から毎日300mlのビールを抜き取り、毎週金曜日にトレーニングを受けたテスター10名によるDLG官能検査を実施しました。ビールに影響を与えるのは樽だけということで、徹底した衛生管理が行われました。

結果

この最新の研究結果は、ペタイナー社の樽が4週間にわたり風味を保つことができることを決定的に示しています。VLBの訓練された味覚テスト担当者は、結論として「4週間の結合で、ペタイナー樽から提供されるビールは高品質である」と報告し、4週間後でも主要な官能指標(味、香り、口当たり、苦味、発泡性)で純粋および非常に純粋という結果を得ました。これらの結果は、バッグインケグのソリューションに匹敵するものでした。

VLBが実験から導き出した主な結論。

  • Petainer KegとBag-in-Kegソリューションの性能は同等でした。,
  • ディスペンス用ガスとの接触による炭酸への顕著な影響なし,
  • そのため、長寿のためには、適切で効果的な衛生習慣が重要です。es.
2週間後のDLGスコア カップリング - ホッピーラガー。スコア4は「ピュア」を示す。

では、ワンウェイケグを検討している醸造業者にとって、これはどのような意味を持つのでしょうか。まず、バッグインケグでもバッグレスケグでも製品を保護するのに十分であることを示唆しています。バッグレスの場合、いくつかの利点があります。

ペタイナー社製の樽は、あらかじめパージされているのですぐに充填することができ、また、正立でも倒立でも充填できるので、パレットから直接使用することができます。

ペタイナーは透明な製品なので、充填者は発泡に注意し、圧力を調節して最速の充填を維持することができます。発泡を防ぐために事前にパージしたり、反転してゆっくり充填する必要がないため、充填工程での作業時間やコストを削減することができます。

また、充填も手動、半手動、自動とフレキシブルに対応できます。

ご希望によりスタディーも可能です。