ロンドン 2022 年 4 月: ペタイナーは、リドショーピング工場でのオペレーションをカーボンニュートラルにしたことを発表し、喜ばしく思っています。北欧を中心としたグローバルな供給を担うペタイナー社のスウェーデンの生産拠点は、この地域で初めてカーボンニュートラルなオペレーションを達成しました。今回の発表は、ペタイナーの炭素情報開示団体CDPによる排出量削減の報告や、Drinks Business Green Awardsの再生可能エネルギー部門およびGreen Company of the Yearでの表彰に続くものです。

ペテナーは、CDP を通じて、最初の 3 年間の二酸化炭素排出量削減プログラムの結果を報告し ました。この報告書の中で、ペタイナー社は、総CO2排出量を40 %削減したことを発表しました。2 の排出量を 2020 年対 2018 年で 25% 削減します。2 排出量を削減しました。次のステップとして、どうしても避けられない排出物については、事業所レベルで取り組むのが自然な流れでした。

ペタイナーは、クライメートパートナーと提携し、企業のカーボンフットプリントを測定しています。クライメートパートナー社は、排出量計算の専門家であり、カーボンオフセットプロジェクトを活用した削減戦略を行っています。この報告書では、2021 年 1 月から 2021 年 12 月までの排出量を測定し、すべての温室効果ガスを対象とし て CO2 に相当します。

クライメートパートナーの報告書は、ペタイナー社の事業活動におけるスコープ1、2、3の排出量を評価したものです。スコープ1は、車両や施設を含むペタイナー社の直接的な排出を対象としています。スコープ2は、購入した電気や地域暖房から排出される排出量を対象としています。そしてスコープ3は、従業員の通勤や購入したサービスなどの間接的な排出を対象とする。これらは、工場が機能するために必要な、業務上避けられない排出物です。金額的に最も大きな割合を占めているのは、電力による上流域の排出です。ペタイナーはリッショーピングの工場で再生可能エネルギーを使用しているため、その生産に伴う排出をオフセットすることで、最もクリーンなエネルギーで工場を稼働させることができるのです。

Petainer Lidköpingは、企業の社会的責任に関する指標であるEcovadis Platinumにも格付けされており、測定された企業のうち上位1%に位置づけられます。

ペタイナー社では、算出された総排出量に%を加算し、算出不足分を考慮した上でオフセットを行っています。オフセットとは、二酸化炭素の排出を削減するプロジェクトに投資することで、このままでは二酸化炭素の排出量が減少または増加してしまう場合に資金を提供するプロセスです。各プロジェクトは、独立した組織によって検証され、その結果、CO2 の排出量が削減されていることが確認されます。2 を節約し、この節約分を認証排出削減量として販売します。このプロジェクトへの投資は、地域社会に貢献する気候変動対策プロジェクトに資金を提供するもので、今回はブラジル北東部でのクリーンな風力発電の生産に使用されています。オフセットすることで、ペタイナーは避けられない事業活動からの排出に対処しています。  

ペタイナー社の CEO であるヒュー・ロス氏は、「ペタイナー社は、持続可能で透明性のある製造に取り組んでいます。私たちは、ここ数年の大きな進展を発表し、CDPを通じて成功事例を報告し、企業として環境への影響をさらに軽減することを誓ったことを嬉しく思っています。リドショーピング工場のオペレーションをカーボンニュートラルにしたことは、北欧で初めてのことであり、さらにペタイナー社の先発者・革新者としての姿勢を示すもので、非常に誇らしいことです」。ペタイナー社にとって成長の年であったこの年に排出量を相殺することは、当社のカーボンマネジメント戦略の重要な側面であり、持続可能な成長を示すものです。クライメートパートナーのように、真摯に報告を行いながら、コミュニティの福祉向上を支援してくれる会社と一緒に仕事ができることを嬉しく思っています。