ペットボトルといえば、ミネラルウォーターや炭酸飲料が思い浮かびます。その普及は、軽量で飛散しにくい素材であることと、輸送コストが低いことに起因しています。ペタイナーでは、現在使用している包装材を交換することで、PETのメリットを引き出し、すべての市場に開放したいと考えています。

現在、なぜグラスがワインと結びついているのでしょうか?

興味深いことに、ワインの密閉ボトルが店頭に並ぶようになったのは、比較的最近のことです。ガラスは非常に高価な希少品として始まり、ワイン専用のボトルを持つことは金持ちの特権であっただろう。最近でも19くぼう 世紀には、ワイン商人が樽から直接ボトルにワインを詰め、何度も再利用していた。ガラスは壁が厚く、酸素を遮断し、紫外線や光から保護するために着色することができた。技術の進歩に伴い、ガラスはより安価になり、ワインのボトリングに広く使われるようになりました。しかし、PETボトルの登場により、その流れは変わりつつあります。

PETワインボトルのメリットは何ですか?

現在、最も一般的なのはガラスですが、ガラスは重く、壊れやすいという欠点があります。ペタイナーPETボトルは47.3gと、一般的なガラス瓶の約10倍の軽さです。軽量化することで輸送の負担を軽減し、CO2排出量を削減することができます。ワインは生産地から遠く離れた場所で製造されることが多いため、軽量化はコスト削減と排出量の抑制につながります。

PETボトルは壁が薄く、酸素の透過性が若干高いが、ほとんどの場合問題にはならないだろう。推定ではあるが、製造されたワインのうち、貯蔵・熟成を目的とするものは1-5%に過ぎず、大半のワインは製造後すぐに飲まれることになる。つまり、ワインの大半は製造後すぐに飲まれるということです。したがって、ガラスによってもたらされる付加的な利点は、すべてのワインに提供されますが、必要なものではありません。PETワインボトルは、早飲みワインのスタイルを、その飲み頃までフレッシュに保つことができます。多くのワインには、酸化を防ぐための硫黄が添加されていることも忘れてはならない。

ペットボトルを使うことで、ワインを買う体験はどう変わるのでしょうか?

ペタイナー社のワインボトルは、消費者がワインを購入する際に、普段と同じような感覚でワインを購入できるように設計されています。ボルドーのワインボトルをモチーフに、世界中のワイン愛好家に親しまれている、肩の高い、まっすぐな円筒形のボトル形状を採用しています。また、ボトルの底部には、注ぎやすさを考慮した機能的なパント(注ぎ口)が付いています。 BVS30H60のネック仕上げは、コルク栓の名残でカプセルを入れることができるようになっています。

これでは、お客様がお店の通路を歩いていても、何の違和感も感じないでしょう。

このページで、私たちの製品群をご覧ください。 https://www.petainer.com/pet-plastic-bottles/wine/