マルメを拠点とするNiklasは、北欧全域のPETパッケージングセールスを担当しており、食品・飲料業界へのパッケージング販売の経歴を有しています。リッショーピング工場に近いことから、ペタイナー社の既存製品の活用や特注プロジェクトのアドバイスなど、お客様のニーズに合わせた最適な技術ソリューションのサポートとアドバイスが可能です。

国によっては、PETのパッケージは高級感がないと思われているようですが、なぜ北欧では違うのでしょうか?

清らかな水と長い蒸留の歴史を持つ北欧では、特にウォッカのカテゴリーで世界最大のスピリッツ・ブランドが生産されています。これらのブランドは、しばしば生産地の美しさを引き合いに出し、北欧のサステナビリティへの関心と相まって、より環境に配慮したパッケージングを選択することは、時間の問題であった。この1年でより多くのブランドが、ボトルの中身だけでなく、パッケージにも目を向けるようになりました。その多くが、ガラス瓶からPETボトルへの移行を進めています。現在、ペットボトルは、お客様が好む味を損なうことなく、ガラス瓶に非常に近い外観にすることができ、誤って落としても割れることはありません。私たちは、棚で目立つことを望むブランドと仕事をしています。そのため、特注のガラス瓶の何分の一かのコストでユニークなデザインを提供する特注のペットボトルを提供することは、強い提案です

北欧のアルコールショップでは、クライメート・スマート・パッケージング・オプションを導入していますが、その意味を教えてください。

スウェーデン、ノルウェー、フィンランドでお酒を買うと、価格や商品情報の横に「Climate Smart Packaging(クライメート・スマート・パッケージング)」と書かれた文字があることに気がつくでしょう。これは、通常のガラス瓶よりも環境への負荷が少なく、ボトルの製造にかかるCO2や輸送にかかるCO2が少ないパッケージであることを意味しています。また、蒸留酒を入れたペットボトルを近所のスーパーマーケットの返金ステーションに返却すると、今日返却した標準的な炭酸飲料のボトルと同じように、そのボトルは新しいボトルに生まれ変わるということでもあります。ペットボトルを使うことで、輸送コストを削減することができます。標準的な0.35Lボトルの重さは24gで、ガラスのボトルの重さは200g程度です。

PETはガラスよりもCO2発生量が圧倒的に多い。
スウェーデンのSystembolaget社によるデータ https://www.omsystembolaget.se/hallbarhet/markningar/klimatsmartareforpackningar/

ペタイナーは、北イタリアのウォルヒャ蒸留所で生産するオーガニック蒸留器BIOstillaと協力しました。彼らの厳格な管理によって、原料は最高品質で、可能な限り新鮮なものであることが保証されています。このような特性を維持するためにパッケージングに信頼を寄せ、北欧市場に参入するために当社のPETスピリッツボトルを選択されました。また、輸送コストを削減し、環境にも配慮しています。

ビオスティラ オーガニックジン 70cl/ ウォルヒャー蒸留所にて生産

北欧に輸入されるアイリッシュウイスキーやスコッチウイスキーは、現在PETパッケージで入荷していますが、これらのブランドがガラスから移行することになった理由は何だったのでしょうか?

ウイスキーがPETになることは、ガラスでないにもかかわらず、消費者の商品に対する認識が高いことを示すものであり、重要なステップであると思います。スコッチやアイリッシュウイスキーの生産者は、長年熟成された製品の保存に気を配っているので、彼らからの提唱は、カテゴリーを越えてPETへの移行が可能であることを示す重要な指標となります。蒸留酒に関しては、PETボトルも従来のガラス瓶と同様に風味を保つことができることが分かっています。また、PETボトルはガラスよりも軽いため、生産者が輸送コストを削減することができます。つまり、1回の出荷でより多くのボトルを出荷でき、破損も少なく、その際に発生するCO2も少なくなります。生産者にとってのメリットだけでなく、消費者にとってもチャンスが広がっています。PETを使えば、消費者はお気に入りのスピリッツをピクニックやハイキングなど、移動中に持ち運ぶことができます。私たちは、標準的なスチール製ケグからワンウェイPETケグへの移行を見てきましたが、今、蒸留酒メーカーも同じ道を辿っています。

ペタイナーには蒸留酒のPETボトルがありますが、蒸留酒に使えるように、普通のPETボトルとどう違うのでしょうか?

私たちのペットボトルは、スピリッツボトルの透明度と形状を模倣し、ガラスと同じようにデザインされています。私たちの目標は、消費者がスピリッツを購入する際に、通常と何ら変わることなく、気候変動に配慮したオプションを選択できるようにすることです。生産者向けには、0.35Lと0.7Lという主要なサイズのスピリッツボトルを標準ラインナップとして用意しています。モダンなデザインとフラットな底面は、完璧なソリューションです。ぜひ一度、サンプルをお試しいただき、その効果を実感してください。