欧州食品安全機関(ESFA)は、2015年の決定を見直し、ビスフェノールA(BPA)の1日の耐容摂取量を引き下げる提案をしています。この提案は、制限値を1日あたり体重1キロあたり4マイクログラムから1日あたり体重1キロあたり0.04マイクログラム~10万分の1まで劇的に引き下げるものである。その根拠は、BPAがアレルギー性肺炎の発症に影響を及ぼすという最近の研究結果にある。この変更はまだ提案の段階ですが、BPAの摂取制限の可能性を示唆しており、BPAの毒性を指摘する研究の重要性が高まりつつあることを示しています。

BPAは、ウォータークーラーのボトルでおなじみのポリカーボネート樹脂に含まれ、最も関連性の高い物質です。これは、いくつかのプラスチックの製造に使用される合成有機化合物です。ポリカーボネートプラスチックは耐衝撃性があり、透明で長持ちするため、大量に水をボトリングする際に明確な利点があります。バルク水ディスペンサーでは、消費するまでの時間が長いため、水とプラスチックの接触時間が長くなり、水へのBPAの浸透の可能性が高くなると考えられます。5ガロンのポリカーボネート製ボトルの移行分析結果によれば、新たな安全基準値を満たすことは不可能である。トルーナの最近の調査によると、北米の回答者の59%は、ウォータークーラーの水を家庭外の主な飲料水源としており、安全で清潔な水の必要性を示しています。

原水メーカーにとって、BPAの消費を抑制する法律が改正されれば、ポリカーボネートボトルはもはや有効な解決策ではなくなることを意味します。ポリカーボネートの代替品としては、耐衝撃性、透明性、耐久性といった同じ特徴を持つものが必要になります。ポリカーボネートボトルからの移行は、PETボトルが最適といえるでしょう。水の透明度を見ることは、よりプレミアムな表現であり、透明度の低いポリカーボネートでは見えなくなってしまうのです。また、環境面でもメリットがあります。PETはポリカーボネートよりもリサイクルしやすく、リサイクル後の用途も多い一方で、製造時に排出される二酸化炭素は60%未満です。

結論として、BPAが当初考えられていたよりも有害な役割を担っていることを示唆するデータが次々と出てきているため、法改正に先立ち製品パッケージを評価することで、スムーズな移行が可能になると思われます。

記事参照元:https://www.efsa.europa.eu/de/news/bisphenol-efsa-draft-opinion-proposes-lowering-tolerable-daily-intake