ザ・1925ブルーイング・カンパニー.は、2013年にシンガポールのジャランベサールにて地ビール醸造所とレストランとしてスタートしました。創業者は、ヨウ家の3人、アイバン、エン・クアン兄弟と、彼らの叔父であるヨウ・キング・ジョーイです。一家は、シンガポールの伝統と文化を守ることに強い信念を持ち、世代を超えたビジネスを構築することを望んでいました。


1925年は、創業者の祖父であるヨ・キムホの生誕年です。彼の誕生年をトリビュートとして、お客様が期待する品質の基準を確立し、それが今日まで経営理念として受け継がれています。だからこそ、彼らのビールは細心の注意を払い、情熱を持って作られているのです。


ペタイナーとの協業はどのように始まったのでしょうか。

2018年、国内およびアジアの他の地域での需要の増加に対応するため、醸造所はシンガポールのマンダイにあるより大きな施設に移転し、タイのバンコクにガストロバーをオープンさせました。しかし、ビールを実用的に輸送でき、タップですぐに出せるパッケージングソリューションの必要性から、最適な代替品を探すことになりました。

そこで、輸入ブローカーを通じて、20リットルという大容量を実現したのです。 ペタイナーハイブリッドケグ. 創業者たちによると、ペタイナー社の樽は、距離が離れているため、返品する必要がなく、物流コストと在庫ロスを削減できるため、彼らのニーズにとって便利で機能的な代替品だったそうです。


「ペタイナー社製ケグを選んだ理由は信頼性が高く、品質も良い。

1925 Brewingの共同設立者であるYeoeng Kuang氏 1925 Brewing Co.

1925 Brewingは、ペタイナー社のパッケージングソリューションを採用することで、歴史を守りながら未来を受け入れ、アジアとシンガポールで最もクラフトマンシップに溢れた醸造所としての地位を強化しようとしています。インスタグラムでフォローする THE1925BREWINGCO コーヒーIPA、菊ラガー、カヤトーストスタウトなどの人気商品について詳しくご紹介します。